自分も大人になったと実感【安心感のある大手のクレジットカード】

お札を持つメンズ

厳しい基準

カードと現金

突然の出費が重なった時に便利なサービスがカードローンです。個人向けの融資で金融機関からお金を必要な分だけ借りることが出来ます。しかし、お金を借りるためには、審査に通らないといけません。

なぜ、金融機関は審査をするのでしょうか。基本的は無担保かつ保証人無しでお金を借りることが出来るカードローンでは、債務者の信用が大事になります。氏名や住所、連絡先どの基本情報はもちろんですが、会社や収入なども審査で調べることもあります。金融機関は「この人にお金を貸しても大丈夫か」をしっかりと確認したうえで融資を行なうので、債務者と金融機関の信用のためにも審査が必要なのです。ここからは具体的なカードローンの審査基準を紹介します。

最初に安定した収入があるかを確認します。毎日きちんと仕事をして収入を得ているのか知ることは、返済能力を知るために重要です。一般的には、勤続年数が長いほうが信用してもらえるでしょう。安定した収入があればいいので、正社員でなくても、派遣社員やアルバイトでも大丈夫な金融機関もあります。

そして、他の金融機関から借り入れをしてないかも確認します。他にもカードローンで借金をしている場合は、返済能力を疑われてしまいます。また、2010年から総量規制が定められたので、年収の3分の1以上は貸すことが出来ません。そのため、審査に通るためには他の金融機関からお金を借りていないと通りやすいでしょう。カードローンの金融機関は1社に絞りましょう。